スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン初のJ league観戦

 昨日の試合で、乱闘騒ぎが起きた。
判定で言えば、ファウルをもらえず手で掴みに行き、しかもそのあとに蹴りを繰り出しノゲイラ並みの寝技を披露したドゥトラはイエローで、それに対する報復かましたキム・ボギョンがレッドでしょう。ただしよく見るとキムが蹴ったボールはドゥトラは狙ってない。これを試合中に判断するのは不可能だが。。。よってこの場でレッドを出して、1試合出場停止くらいが本当に適切だったと思う。

 もし、試合後にキム・ボギョンに対し出場停止を追加するのであれば、ドゥトラも手掴み&蹴りの合わせ技1本で同じく出場停止を検討する必要が出てくる。だからこそ、判定はイエロー/レッドですっきり終わらせるべきであった。

 ところで、ここまでは導入。問題はこの判断を下せない主審!まあこの試合全般的にコントロールしきれていなかった。そもそも、選手も手を使うところから入るプレーが極めて多いのも問題だが、それにきちんと対応出来ず、コントロール出来ず仕舞いでした、残念。
 そして、さらなる問題児はこの乱闘に最後に加わったアシスタントレフェリー君。この一連の動きを全く把握できておらず、主審に助言することすらできない。しかも乱闘起きて、各チームの監督、コーチ、更には警備員が集まり、輪を分断しようとしている最中、輪に近寄るまでおよそ1分、輪に入るまでさらに30秒近くかける。結果的にファーサイドのアシスタントレフェリー君よりも遅れて重役出勤するアシスタントレフェリー君。極めて残念なレベルである。

 こんなレベルでしか対応出来ないなら、アシスタントレフェリー君はやはりライマン君に戻して、ただただラインを見守ってもらうべきだ。もちろん、ライマン君にはJの試合はおろかJFLですら、旗を持たせるつもりはない。
ただのバイト君として、我々の試合くらいから修行したらいい。my旗持ってないなら、旗くらい貸してやるし、おっちゃんこうてやる!悪い事言わないから、今のうちにもう一回修行した方がいい。

 最後に、スタンドからグランドに物を投げ込んだ人がいる様だが、
偉大なジョルジがスタンドに向かってやめるように頭を下げていたのが印象的であった。
ジョルジ監督、選手の頃から大人でしたから。


2012鹿島-セレッソ キム・ボギョンによるドゥトラへの報復行為
http://www.youtube.com/watch?v=Foy23YP57qg


スポンサーサイト

気になるTV番組

ずいぶんとサボらせて頂きました。
最近はFacebookとの両立に難しさを感じつつ、Facebookに書き込む事で楽をしつつの
日々を送っております。

さて、最近ちょっと気になる番組を見つけました。その名は「ボクらの時代」。
MCはおらず、毎回異なる3人の人が集まって話す番組である。ただそれだけ。

なぜ面白いか?

まず始めに、ゲストの組み合わせが面白い。
たとえば、江口洋介と大沢たかおと紀里谷和明。たとえば矢野東と皆川賢太郎と中島裕之。
そして、MCもいないので皆自由に喋るところがTVっぽくなくてなんとも良い。
時に渡辺謙が、時にオダギリジョーがいつもとは違う雰囲気で話しをしている。
さらには、やっているのが日曜の朝7時からたったの30分。
そして、もう5年も放送しているらしい。

これを知ったきっかけは節電対応での土日出勤のおかげ。
ブーブー言ってる事にこそ、意外な発見があるのかもしれない。

たまには休日の早起きも悪くない。

CHONANS F.C 香港遠征

無事にサッカーも終わり遠征気分も一息。ここからはマカオに渡り、もっぱら観光である。
遠征らしく、ホテルからの移動はバス。

香港遠征12


高速船に乗って1時間半であっという間にマカオ到着。
この高速船、実は基本料金に800円追加で払うとビジネスクラスへとランクアップができる。
何が良いって、①空いてる!どこの席に座っていいくらい空いている。②シートがリクライニングできる
ようになる。シート幅も少し広い。③軽食が出る(サンドウィッチ)。④ビールも出てくる。
⑤港到着後は、エコノミーの人より先に上陸できる。
これだけついて800円!安い!!
行きは気が付くのが遅く、エコノミーに甘んじたが、帰りはツアーチケットであるのも関係ない!
乗員と交渉してup gradeに成功。帰りは快適であった。


到着後は、さっそく聖ポール天主堂跡に直行。イエズス会記念広場、聖ドミニコ教会、聖ドミニコ広場
三街會館、民政總署大楼、セナド広場と世界遺産を荒稼ぎ。

聖ポール天主堂跡
香港遠征16

聖ドミニコ広場近く
香港遠征15

その後、マカオタワーでcrazy guysの見物。地上200m以上の位置からのバンジージャンプや
空中散歩。はっきり言ってどうかしてる。あれはやばい。
あまりに怖いので写真も載せない。

そして晩飯は不安と期待のポルトガル料理を堪能。
想像以上にうまい!!出てくる料理が全てうまい。そしてワインもうまい。
全てお勧め。

そしてこの日のメインはここからである。
そう、我々はマカオにいるのである。
マジカル頭脳パワーで言えば、マカオと言ったら・・!そう「カジノ」である。

香港遠征14

1年半前のラスベガスでの苦い思い出もすっかり忘れ、ワインに酔った男達が夜のカジノへ繰り出す!
結果?成果?収益? そんなくだらない事聞くんじゃない!
カジノに挑むのがいいのだ。ちょっと勝った、負けたなんてたいした事じゃない。遊びの範囲でやればいい。
でも、負ける可能性が高いのが分かっていても、ついつい足を踏み入れる!こんな素敵な事は他にはない。
22時にスタートした我々の中には3時までファイトした人間もいた。筋肉痛で体が動かない状況で、
前日、当日と散々呑んでいるその体で、明け方までファイトする。やられてもやられても立ち上がり
ファイトする。これこそカジノの本質な気がする。・・・するわけねぇか。。。

てなわけで、カジノをアツ~く語ったところであっという間の3泊4日も終焉。
ダメ幹事でしたが、皆様楽しんで頂けたと勝手に思ってます。

最後に、今や世界どこでもwifi時代。段取り悪くて待ち時間発生しても、wifi入ればみなさんこぞって
wifi接続。なのでwifiあれば文句でない。wifi、Thanks!

香港遠征17

CHONANS F.C 香港遠征

1月も半分近くが終わり、やっとフィジカル、メンタル共にいい状態に来ました。
みなさんはエンジン全開でお過ごしでしょうか?

さて、すっかり書くのを忘れていたが、所属チームの「CHONANS F.C」で12月に香港遠征に行ってきた。
海外遠征は、3年前に上海に続き2度目。その他にも新潟、広島、那須、千葉などいろんなところに
遠征させて頂いている。チームは40代が黄金世代で小職でもユースとtopの中間管理職。。
今回はメンバーは6人。みなさん大先輩で観光を織り交ぜながらの遠征。

初日は移動と香港観光。
香港到着後、観光地をさくっと巡る計画だが伏線は前日から始まっていた。
実は、メンバーの仲間の息子が香港リーグで選手として頑張っている!
前日の夜、数人が必死に彼の連絡先を入手するべく、フリーランニング。
何とか日付が変わった頃に連絡先を入手し、晩飯前に早速連絡。
そして一緒に晩飯を食べるという、サプライズが実現する!!
Parisさん、頑張れ、そしていつか歳取ったら一緒にサッカーしよう!
香港遠征2


そして二日目。メンバーの友人に案内頂き、昼は飲茶を満喫。
午後からは、円高を理由に攻めダルマとなった家族からのリクエストをこなすべく
shopping time。どこのブランドショップも大陸人で行列。ほとんどのショップが
入場規制をする始末。。。先輩、ご苦労様です!
香港遠征4


そして、遠征のメインイベントであるサッカーをする為に移動を開始。
グランド最寄りの駅で話しかけてくる人が。。。そうぎり君である。
今回、まさかの1泊2日の弾丸ツアーで遠征参加のサプライズ!
夜のキャプテン恐るべし。。。(最高っす)
写真最後方の紫のバッグを持った男こそ、言葉が通じなくても、どんな酒であっても
初めて会った人と打ち解けてawayをhomeにする男、「夜のキャプテン」ぎり君である。

香港遠征5

今回のグランドはawayそのもの、7人制のハードコート。
香港遠征7


慣れない環境がawayでしか経験できないこと。その洗礼というべく環境が香港にもあった。
試合は3チームで行った。1つは現地の7人制チーム。もう一つはメンバーの友人の会社で声を掛けた集まったチーム。
そして、我らがCHONANS F.C。和やかにムードの中、2時間があっという間に過ぎた。
やっぱ遠征って凄い。初めて会う人と一緒にサッカーできて、最後は握手で終わる。
最高っす!!マジ最高っすよ!!
香港遠征17

その後は、一緒にサッカーした人たちと懇親会。
もちろん、夜のキャプテンぎり君の出番である。
飯も酒も最高にうまい!!
香港遠征8

懇親会では、我々のチームから今回の遠征をきっかけにチームを誕生させることになったS○B○チームへ
キャプテンマークの贈呈もあり、盛り上がった!
香港遠征9


そして最後は握手と集合写真。最高ですわ。
香港遠征10

翌日からは、マカオへギャンブルの旅へ出るのも理解しつつ、夜な夜な呑み続ける我々であった。。。

香港でいろいろ手配してくれた坂本さん、ほんとにありがとうございました!!
今度、タケシと3人で飲める機会作りたいと思います。
Thanks!!

香港遠征6

京都・滋賀ツアー

この冬休みを利用して、滋賀・京都でへ弾丸ツアー。
爺ちゃんの墓参り、婆ちゃんのお見舞いと冬の京都・滋賀をめぐる旅。

3日前、同様にいまだに休みが明けていない同級生を誘い総移動距離1,100kmの
車の旅が確定した。

朝方に琵琶湖近くの霊園で、爺ちゃんの墓参り。
この時期は雪の日も多く寒いが空気が澄んでいる分、琵琶湖や比叡山が綺麗に見ることができる。
しかもこの日は琵琶湖と比叡山のエリアに陽射しが入り、とてもいい景色だった。

MtHiei_1.jpg
MtHiei_2.jpg


午後からは琵琶湖付近で暮らす婆ちゃんを訪問。暫く会っていなかったのですっかり忘れらてる始末。。。反省。
どうやらリハビリをサボっているようなので、HARD WORKするように説得を試みる。
本人も前向きになったようで一安心!

この日は、近くにある日吉大社をちょろっと観て、
hiyoshi.jpg

京都市内のホテルを探す。
本日のお宿はビジネスホテルで、当日検索で素泊まり2200円!最高にやすい!
そして、2時間散歩してから食べた本日の晩御飯、「てっちりコース」1人前5250円。。。

睡眠不足もなんのその、翌日は8時スタートで東本願寺->西本願寺->二条城->金閣寺の往復コースを
レンタル自転車利用して2時間で観光ならぬ敢行。
Kinkakuji.jpg


その後、車に乗り換え清水寺、八坂神社を回る。
清水寺の隋求堂 胎内めぐり、楽しめます!


まだまだ旅は終わらない。ここから急いで大津へ移動し近江神宮を攻略!
「近江神宮」ですが、ほんと綺麗で雰囲気あるけど京都に比べて人も少なく
goodです。
oumi-jingu.jpg


そして、本日のMuch Of The Day 「比叡山 延暦寺」へ向かう。
山道を登るとどんどん増えていく雲。微かに見える琵琶湖。明らかに白くなる周辺の景色。
遅めの時間もアシストし、延暦寺に到着すると人はまばら。
Enryakuji3.jpg


阿弥陀堂内に入るとそこは静けさと凍るように寒さと澄んだ空気しか存在しない。
吐く息は白く、呼吸の音すらかき消されるような静けさが堂内を支配する。
そして中央には金色の阿弥陀如来。この空気はヤバい。
大勢の人で溢れている京都のお寺では感じることの出来ない張り詰めた空気に圧倒される。
そしてその頃、床板の冷たさに冷え性の足も圧倒される。。。マジで冷たいっす。
Enryakuji1.jpg

Enryakuji2.jpg


釈迦堂に続き、根本中堂に行くとそこもまったく同じ雰囲気が張り詰めている。
敢えて言いうと根本中堂の参拝箇所には電気カーペットがある。これ以上は何も言うまい。

その後、吹雪いてくるのも気にせず西塔、伝授大師像をめぐり、横川へ向かう。
が、横川の駐車場でパトロールカーのおっちゃんから一言「そろそろ下りないと危ないよ。
ほんとならもう通行止めだよ」って。
と言う事で、なくなく退散。

今回わかったこと、「比叡山 延暦寺」はもっと時間をかけて臨むべし!
冬の比叡山の張り詰めた空気、最高っす。

プロフィール

hoshibuckscoffee

Author:hoshibuckscoffee
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。